ハイビスカスで南国気分♪
HOME > ハイビスカスの雑学 > ハイビスカスにまつわること

ハイビスカスにまつわること

ハイビスカスは、その華やかさと愛らしさから様々な雑貨にイラストが描かれていたり、いろんな芸術作品のテーマとして扱われています。それらをハイビスカスにまつわるもの・こととして紹介しましょう。併せて、ハイビスカスの花言葉も載せています。

ハイビスカスのイラスト

インターネットで検索してみると、さまざまなハイビスカスのイラストの素材を見つけることができます。

ハイビスカスのイラストは沖縄やハワイなどの南国をイメージさせるものです。夏になると、雑貨店などではハイビスカスのイラスト入りのアイテムが増えたりしますね。また、アロハシャツなんかの柄としてもハイビスカスはお馴染みです。そういったアロハシャツに、ハイビスカスのイラスト入りのブレスレットやペンダントなどを合わせても可愛いですよ♪夏のファッションにいかがですか?

このほか、暑中見舞い・残暑見舞いのはがきなどに、ワンポイントとしてハイビスカスのイラストを入れてもおしゃれですね。探してみると、結構ハイビスカスのイラストが描かれているものって多いことがわかります。ハイビスカスのイラストものを集めて、夏気分を味わいましょう!

ホテルハイビスカス

ホテルハイビスカスと聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?マンガですか?映画ですか?それとも近所にあるホテルの名前でしょうか?なんだかホテルハイビスカスという言葉を聞いているだけで、リゾート気分になってしまいます♪たぶん、私だけですね(笑)。ホテルハイビスカスと名のつくものをいくつか見てみましょう。

マンガのホテルハイビスカス

ホテルハイビスカスを営んでいるのは、お父さん、おかあさん、ハーフのお兄ちゃんとお姉ちゃん、肝っ玉おばぁ、そして末っ子のおてんば小学3年生みえこ…。客室は1室だけのアットホームでインターナショナルなコメディータッチのマンガです。このマンガは1986〜1998年にかけてコミック雑誌で連載され、注目を集めました。沖縄の文化や風習、言葉(方言)に関しても楽しく知ることができますよ!沖縄出身の作者独自の視点で愛情溢れる風景が描かれています。

映画のホテルハイビスカス

マンガのホテルハイビスカスが2002年、中江裕司監督によって映画化されました。映画もマンガと同様、笑いあり涙ありのヒューマン・ストーリーになっています。映画を観ているうちにだんだんと主人公のみえこに感情移入していき、日常の楽しい出来事やいろんな冒険に巻き込まれていきます。バックで流れる琉球音楽も聞き逃せませんよ!また、沖縄の美しい風景も魅力的です♪見終わったあとは、きっと沖縄へ行きたい気分になることでしょう。

本物のホテルハイビスカス

沖縄には「ホテルハイビスカス」という名のホテルが何軒か存在します。もちろん映画で使われたホテルも!沖縄を代表する花のハイビスカスは、ホテルの名前にもよく合います。ハイビスカスの絵が飾ってあったり、窓からハイビスカスのお庭が見えたり…。マンガや映画のようにアットホームなホテルばかりですよ。みなさんも沖縄に行く機会があれば、ぜひホテルハイビスカスを探してみてくださいね。

▲ このページの上に戻る

ハイビスカスの花言葉

花にはみんな、花言葉があります。もちろんハイビスカスにも♪ハイビスカスの花言葉は…「常に新しい美」「勇ましさ」「勇敢」「新しい恋」「繊細な美」「上品な美しさ」「華やか」「私はあなたを信じます」などが挙げられます。みなさんは、これらの花言葉がハイビスカスの色によって異なることを知っていますか?どの花言葉もきれいなものばかりですが、もし誰かにハイビスカスをプレゼントするようなことがあるときは、相手に対する思いにふさわしい花言葉を持つ色を選んでみるのもいいのではないでしょうか。気の利いたプレゼントに相手もきっと喜んでくれることでしょう。

赤いハイビスカスの花言葉

「新しい恋」「勇敢」「勇ましさ」

白いハイビスカスの花言葉

「繊細な美」「艶美」

ピンクのハイビスカスの花言葉

「華やか」

▲ このページの上に戻る